税理士・行政書士・公認会計士

「公認会計士ナビ」に紹介されている、若手税理士で公認会計士・行政書士の前川研吾さん。
前川さんは、1981年北海道生まれで北海道大学経済学部卒。
新日本有限責任監査法人監査部門に入り、製造業や情報サービス等の上場企業の法定監査を担当します。
その後、『汐留パートナーズグループ』を設立して、税理士、公認会計士、社会労務士、弁護士などのワンストップサービスや顧客の海外事業のお手伝いもしています。
前川さんが独立した直後の、2008年にリーマンショックがあったため厳しい中でのスタートでした。
監査法人に勤めていた時代に、交流会などを通じて知り合った人たちと、一緒に仕事をさせてもらうことが多かったり、顧問の仕事先を紹介していただいたそうです。
“汐留パートナーズ”という名前の由来は、お客さまの良いパートナーとなれるようにという思いからつけたそうですが、今では複数の士業がサポートする形になっています。
テーマに分けていろいろなウェブサイトの運営もしていて、自分の会社のホームページやリスティング広告も自分で作っているそうです。
頭の良さが、伝わってきて羨ましいですね。

歯医者の詰め物について

この前、普通に食事をしていたら「ガリッ」として…。
何か食事に入っていたのかと思ったら、歯の詰め物が取れてしまいました…。
治療した詰め物が急に取れると結構焦りますよね。
とりあえずその詰め物はティッシュに包んで持ち帰り、すぐに詰め物を入れた歯医者に行くことにしました。
でも、そもそも歯の詰め物が取れてしまう原因って何かあるのでしょうか?
歯の詰め物が取れてしまう原因でよくあるのが「詰め物の内部が虫歯になってしまった」ということだそうです。
詰め物をした歯が虫歯になると、歯が変形して詰め物と合わなくなるそうです。
その他には歯ぎしりや食いしばりも詰め物が外れてしまう原因にもなるそうです。
詰め物が取れてしまってもすぐに歯医者に行けない場合にはなにか応急処置でできることはあるのでしょうか?
もちろん一番ベストなのは歯医者へ行くことだと思います。
すぐには行けない場合でも1か月以内には歯医者に行った方がよさそうです。
長期間放置してしまうと、そこから虫歯が進行してしまったり悪影響しかないそうですので、気をつけたいものです。

「相続放棄」と「遺産分割協議」

長い人生のうちで、身近な人の相続問題を経験することもでてきます。
しかし、相続問題を経験する機会はそう何度もないため、実際に経験してみないと、わからないことも少なくありません。
ただ、日常的に情報に触れることは可能です。
遺産の額によっては相続税が掛かるケースもあることを知っておきましょう。
相続をすることで、プラスの財産と借金の両方を引き継ぐことになります。
もし、借金のほうが多い場合は「相続放棄」の選択肢もあります。
ただし、借金の返済義務はなくなりますが、プラスの財産ももらえなくなるため、くれぐれも注意が必要です。
相続放棄を選ぶ場合は、被相続人が亡くなってから3カ月以内に、家庭裁判所で手続きを行います。
なお、「相続放棄」に関して「遺産分割協議」があり、混同することも少なくありません。
たとえば、相続人のうち1人だけが遺産をもらう場合は、相続放棄の手続きは不要です。
相続人の間で「遺産分割協議書」(全員の実印・印鑑証明書が必要)を作成するだけで済むからです。
ただし、被相続人に借金がある場合は、相続放棄の手続きをしないと返済の義務を負うことになります。
このような事態を防ぐためにも、相続情報をきちんと収集しておきましょう。

こんなはずではなかった!そう感じる美容師も

商品の購入やサービスの利用のためにお店を訪れるときは、自分の希望を満たしてもらうことを期待しますよね。
また、そのために自分に合ったお店を探すのではないでしょうか。
しかし、せっかく探して入ったお店なのに、スタッフの対応に失望することもあるかもしれません。
美容院を訪れるときも、そのようなことが考えられます。
しかも、美容院ではカットやパーマなどをするため、自分の希望が叶わなかった場合、すぐに元通りにできるものではないですよね。
それだけに、落ち込む気持ちは半端ではありません。
また、美容師の言動を思い出して、腹が立つことも少なくないでしょう。
美容師のなかには、自分の信念が強すぎるため、お客様に対して「上から目線」の人もいるようです。
もちろん、仕事に対するプライドは大事ですよね。
そのうえで、お客様のニーズに応えられる器の大きさが必要ではないでしょうか。
これは、美容師に限ったことではありません。
自分で仕事をする人も、会社組織に属する人も、相手のことを考えて仕事をすることが大切です。
「目の前にいるお客様」との出会いをどう捉えるかが、その後の成長を左右するといっても過言ではないでしょう。

弁護士の解釈によって結果は異なる

身近なトラブルを取り上げ、弁護士が回答するテレビ番組があり、長きにわたり放映されています。
そのなかで注目されるのは「弁護士の見解はすべて同じではない」ということです。
もちろん、どのような事件を扱う場合も、法律に基づいて解釈する点は同じですよね。
しかし、その捉え方が大きな鍵を握ります。
このような事例は、毎日のように報道される裁判などのニュースで見聞きすることも多いのではないでしょうか。
また、自分から口にすることはなくても、弁護士のお世話になった人も少なからず存在します。
そのひとつに離婚にまつわるトラブルが挙げられます。
夫婦が別れるとき、結納を返すかどうかが焦点になることも少なくありません。
ある弁護士によると、結婚した以上、もらった結納は返す必要がないとのこと。
一方、結婚生活の状況によっては、返還に応じる可能性もでてくるといわれています。
いまは、インターネットを駆使して、自分で情報収集できる時代です。
そのため、弁護士に依頼する前に、可能な限り情報収集するとよいでしょう。
また、自分が理想とする弁護士の情報を集めるために、インターネットの有効活用も考えましょう。

松山で税理士を探しているならココ!

会社には経理を行ってくれる社員がいますが、小規模な会社の場合には経理を行う社員がいない場合もあり、その場合には税理士と顧問契約を結んでいる事が多いですよね。
経理を行う社員がいても税金対策や資金繰りの相談に乗ってもらったりするために、税理士と顧問契約を結んでいる会社もあります。
特に確定申告の時には税理士さんがいないと困りますからね。
だから税理士と顧問契約を結んでいない会社の方が少ないですが、まだ税理士と顧問解約を結んでいない、今やりとりしている税理士に不満がある、これから起業する人は慎重に税理士を選びたいものですよね。
松山で税理士を探しているなら、税理士法人やよいに問い合わせしてみるといいですよ。
税理士法人やよいはコンサルタント経験が豊富、部門ごとの業績を把握する、スピーディーに対応、日々のやり取りは税理士が対応する事が特徴で、とっても評判のよい税理士事務所です。
起業や税務経理に関する相談をする際には、ホームページをチェックしてから電話をすれば、初回相談が無料で行うことができます。
電話する際には必ず「ホームページを見た」と伝えて下さい。

貿易関係に詳しい税理士さん

貿易系の会社の経理をやっていますが、今の税理士さんはあまりこの業界のことが詳しくなさそうなんです…。
しかも、ウチは外資系なのでほとんどの書類が英語ということもあって、せめて英語ができる税理士さんにお願いしたいと思っています。
勘定科目も、多分日本のとそれほど変わりませんし、財務諸表の表示は日本式(?)なのでそれほど難しいことはないと思うんですが、あんまりにも英語アレルギーの方だともしかすると苦痛なのかもしれません。
そして、為替のこともあったり、消費税の取り扱い(これは大丈夫でしょうけど)についても、いろいろ煩雑でしかも書類は全部英語…を私が先生用に、訳したりしないといけなかったりで、二度手間になるのも案外時間のロスになってしまうんです。
それに、本社とも税理士さんと直接やりとりしてもらえればなお良しですもんね。
実は、本社とのやり取りの翻訳もなかなか手間がかかるので、やっぱり英語ができる先生がいいですね。
なので、今度税理士紹介業者に貿易業もしくは英語堪能な税理士さんを紹介してもらおうと思います。

DVD製作ソフトのおすすめ

皆さんはDVD制作を自分で行っておられるでしょうか?
PC自体も進歩しましたし、多くのソフトが発売されているので、以前よりも手軽にDVD制作ができるようになりました。
DVD制作で肝心な要素は、どのようなソフトを利用するのかということです。

このソフト選択を誤ってしまうと、非常に時間が無駄になってしまうので、最初のソフト選びが肝心です。
ではおすすめのDVD制作ソフトをご紹介します。
最初におすすめするDVD制作ソフトは、DVD Memoryというソフトです。
こちらのソフトはウィンドウズ10でも使用できるソフトであり、音楽ファイルや動画ファイルがどんなものなのかという点も苦になりません。

多くのテンプレートも準備されているため、数あるテンプレートの中から好みで選択することもできるでしょう。
DVD動画で肝心になる、タイトルやチャプターなどの設定も簡単にできるため、あまり経験のない方でも使用できるソフトと言えるでしょう。

次のご紹介するのは、ウィンドウズDVDメーカーです。
基本的なDVDを焼く、書き込みをするというソフトとして多くの方に利用されているものです。
1番簡単な操作を望んでいる場合には、コチラのソフトがおすすめです。

山村留学は自分が成長できる大きなチャンス

子どもが持つ可能性は未知数です。
まわりの大人たちは、子どもの将来が大きく開けるようにサポートしましょう。
また、自分の子どもだけでなく、他人の子どもに関心を寄せるといった、地域での子育てが必要ではないでしょうか。
子どもが大きく成長するためには、環境を変えることも大事かもしれません。
「山村留学」も選択肢のひとつです。
「留学」といえば「海外」とのイメージがあるなか、国内で留学できることが大きな魅力です。
山村留学には、春休みや夏休みなどを利用した「短期留学」のほか、1年間などの「長期留学」も存在します。
生活の場所として、寮での共同生活、里親宅へのホームステイ、寮とホームステイの組み合わせなどもあります。 
新しい環境に身を置くことで、自立心が芽生えるなど、大きく成長できるチャンスが生まれます。
ホームステイ先の家族と生活をともにすることで、学ぶことが多いでしょう。
自然との触れあいや農作業を通じて、貴重な体験として残りますよね。
実際、山村留学を体験した子どもたちは、留学前の自分との変化に気付くことも少なくありません。
お子さんの成長のためにも、山村留学を検討してはいかがでしょうか。

歯の寿命を延ばすために予防歯科に行ってみよう!

歯医者さんに行く時って、歯が痛くなった時など何かお口にトラブルが起こった時ですよね。
何も症状が無いのに歯医者さんに行く人はほとんどいませんが、できれば定期健診を受けておくといいですよ。
予防歯科のある歯医者さんなら定期健診を行っており、3~4か月を目安に健診を受けるといいでしょう。
定期健診では普段の歯磨きでは取り除くことができない歯石や歯垢を特別な道具や材料を使って取り除いてくれます。
歯石が付いてしまうと自分では取れないので、歯医者さんに行くしかないですよね。
私は数か月前に歯の治療が終わり、その時に歯石などを取ってもらいましたが、そろそろ定期健診が必要な時期かも。
定期健診を受けておけば、虫歯や歯周病などになっても早期に発見することができ、治療期間が短くてすみますよ。
また虫歯になって歯を削ると歯はダメージを受けてしまい、治療を繰り返し行うと歯を失う事もあります。
ですから歯の寿命を延ばすためにも、歯にダメージを与えないように予防歯科で健診を受ける必要があります。
あの時健診を受けておけばよかったと後悔しないためにも、今から予防歯科に通ってみましょう。