心理カウンセラーの資格を持ったら変わるのかな

私は人と接する仕事をしていますが、最近、人とのコミュニケーションを取ることに悩んでしまって。

自分で意図したことと違うふうに取られてしまう、そういうことが続くと、なんだかこわくなってしまいます。

特に子どもを指導するような場面だと、「このときの私の対応が後々、この子に影響を及ぼしたりして。」なんて考えると、おそろしいです。

自分も子どものころに大人から受けた理不尽なこと、忘れていませんもんね。当の大人はそこまでのこととは思わず、すっかり忘れているもんです。「自分が大人になったら、子どもにこんな思いはさせたくない。」と思っていたはずなのに、知らず知らずのうちに同じ思いをさせているかも、と思うと、不安になります。

心理カウンセラーの資格を持つことで、コミュニケーションで誤解を招くことが少なくなったり、あるいは相手の態度で誤解せずに済むようになるのかも、とも思い、その資格で仕事をしなくてもいいから、勉強してみようかな、とも。

でも、最終的にはその人の人間性に帰結する気がして。心理カウンセラーの資格を持っていなくてもよっぽど頼りがいのある人もいるし、資格を持っているからといってわかってくれてないなぁと思う人もいるし。