「相続放棄」と「遺産分割協議」

長い人生のうちで、身近な人の相続問題を経験することもでてきます。
しかし、相続問題を経験する機会はそう何度もないため、実際に経験してみないと、わからないことも少なくありません。
ただ、日常的に情報に触れることは可能です。
遺産の額によっては相続税が掛かるケースもあることを知っておきましょう。
相続をすることで、プラスの財産と借金の両方を引き継ぐことになります。
もし、借金のほうが多い場合は「相続放棄」の選択肢もあります。
ただし、借金の返済義務はなくなりますが、プラスの財産ももらえなくなるため、くれぐれも注意が必要です。
相続放棄を選ぶ場合は、被相続人が亡くなってから3カ月以内に、家庭裁判所で手続きを行います。
なお、「相続放棄」に関して「遺産分割協議」があり、混同することも少なくありません。
たとえば、相続人のうち1人だけが遺産をもらう場合は、相続放棄の手続きは不要です。
相続人の間で「遺産分割協議書」(全員の実印・印鑑証明書が必要)を作成するだけで済むからです。
ただし、被相続人に借金がある場合は、相続放棄の手続きをしないと返済の義務を負うことになります。
このような事態を防ぐためにも、相続情報をきちんと収集しておきましょう。