税理士・行政書士・公認会計士

「公認会計士ナビ」に紹介されている、若手税理士で公認会計士・行政書士の前川研吾さん。
前川さんは、1981年北海道生まれで北海道大学経済学部卒。
新日本有限責任監査法人監査部門に入り、製造業や情報サービス等の上場企業の法定監査を担当します。
その後、『汐留パートナーズグループ』を設立して、税理士、公認会計士、社会労務士、弁護士などのワンストップサービスや顧客の海外事業のお手伝いもしています。
前川さんが独立した直後の、2008年にリーマンショックがあったため厳しい中でのスタートでした。
監査法人に勤めていた時代に、交流会などを通じて知り合った人たちと、一緒に仕事をさせてもらうことが多かったり、顧問の仕事先を紹介していただいたそうです。
“汐留パートナーズ”という名前の由来は、お客さまの良いパートナーとなれるようにという思いからつけたそうですが、今では複数の士業がサポートする形になっています。
テーマに分けていろいろなウェブサイトの運営もしていて、自分の会社のホームページやリスティング広告も自分で作っているそうです。
頭の良さが、伝わってきて羨ましいですね。